いい家づくり真剣勝負

  1. ホーム
  2. いい家づくり真剣勝負
  3. 未来に残せること

2008年07月

未来に残せること

梅雨があけたわけではないのに、真夏のような日々が続きます。いかがお過ごしですか。
先日、初孫を授かりました。初めて抱きましたが、まだ爺さんになってしまったという実感がわいてきません。
抱いていて壊してしまうのが心配で、早く腕から取ってほしいというのが実感でした。


先日、地球環境の危機を伝えるTVの特集番組を見ました。CO2ガス排出の影響で、加速度的に地球温暖化が進
んでいて、地球を守るためCO2ガス削減のための実施に、まったく猶予がないということでした。見ていて感じたのは、現在生きている、われわれの利益や都合の優先の後始末を未来に押し付けているということです。


孫ができて、あらためてこの問題の深刻さに、考えさせられました。本日より、洞爺湖サミットが開催されます。
もちろん地球温暖化対策が、主要テーマーにとして取り上げられます。しかし、参加各国が経済エゴを、むき出しにして、たいした方策はまとめられないのではないかと思われます。


しかし今でさえ、もはや手遅れという段階まできているなか、私たち国民が自分たちでできることは、自分たちで始めるということが必要ではないでしょうか。普段の生活の中でできること。仕事を通じてできること。国の決定を待たずにできることを我々が始めないと、子や孫に大きな負担を残すことになります。
私は仕事を通じて少しでも、子や孫に環境負荷を押し付けない家づくりを推進していきたいと思います。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ