いい家づくり真剣勝負

2008年08月

省エネ住宅

最近、生活必需品の価格が軒並み上がってきました。
しかし消費者物価指数は、前年比で2%(2008年6月)ぐらいしか上がっていません。
生活感覚では、そんな程度ではないとお考えではないでしょうか。


この指標には、からくりがあります。パソコンや液晶テレビなどの性能が倍になって、価格が据え置きなら
物価は50%下がったことになるのです。指数を出すための対象品目の物価上昇率の平均ですから、
こんな生活感覚と違う数字になってしまいます。
原油は一時期の狂乱相場から少し落ち着きましたが、中長期的にみて上がっていくのは間違いないでしょう。


20世紀は、人口10億人の先進諸国が原油や食料などを分け合っていました。
21世紀に入って台頭著しいBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)だけでも、28億人の人口を抱えています。
原油や食料は急には増産できません。奪い合いになり、価格が急騰するのはある意味当たり前なのです。
今回は、投機マネーが入っているとはいえ将来的に上昇するのは、もはや誰にも止められないでしょう。


これから電気代、ガス代も大きく上昇してくると思います。
給与が上がらない中、食品は上がる、光熱費は上がるで大変なことになります。


傳來工房の家は、超高性能の住宅です。最初、健康面や、環境面で貢献できるとの思いで、高性能化に
取り組んできました。しかし、最近の情勢下から、家計面での必要性が大きくなりそうです。
省エネ住宅は健康や環境にやさしいのですが、家計を助けるためにも必要不可欠のものとなりつつあります。


新築はもちろんですが、リフォームでも省エネ住宅はできますので是非ご相談ください。9月27日(土)・28日(日)
お施主様のお宅を2日間だけお借りし断熱リフォーム見学会を開催します。古い家が、きれいになるだけでなく
各段に安い光熱費で、快適な住みごこちを実現した【省エネ住宅】の見本をご覧いただけます。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ