いい家づくり真剣勝負

2008年10月

断熱リフォーム

台風が過ぎ去った後、さわやかな日々が続きます。秋晴れと言うのは、なんとも気持ちのいいものです。
先日、お施主様のご好意に甘え【断熱リフォーム】の見学会をさせていただきました。


今回は、チラシの新聞折込をせず近隣に2000部ほどのポスティングをしただけでした。それにもかかわらず、
大勢のお客様にお越しいただけました。あらためて、断熱への関心が高まっていることを再認識しました。
また、皆さん非常に勉強されていることにも驚きました。


京都の市街地は、築30年をゆうに超える住宅がたくさんあります。しかし色々な建築への制限があり、解体
して新築すると、もとの広さを確保できないケースがあります。したがって、やむなくリフォームで済ますことが
多くなっていました。


しかしその際、水周りの改装や間取りの変更、少し大掛かりになりますが耐震リフォームまでで済ますことが
多かったようです。最近、新築そっくりさんというような、新築に近いリフォームも出てきています。
しかし、本格的な断熱リフォームと言うのは、まだどこもやっていないでしょう。


今回施工させていただいた、お施主様は当初【傳來工房の家】の超高断熱・超高気密による住みごこちの
よさを気に入られて新築で弊社にご相談いただきました。調査してみると、残念ながら京都の街中のお宅の
ため解体して新築するとなると、従来の生活スペースがかなり削られることがわかりました。


そこで、【まるで新築+断熱リフォーム】をお勧めしました。
完成して見学会を開催させていただいたわけですが、見学にこられたお客様は全員『これは新築ですか。』と
ご質問されました。『いえ、これはリフォームです。』とお答えすると『リフォームでもここまでできるのか。』
皆さん驚かれていました。


今回のリフォームの最大の売り、高断熱のよさを感じることのできない今の気候が唯一残念でした。
お施主様がお引越しされてまだ3日ほどですが、『夜少し冷え込んだので、さっそく少し暖房を入れてみたら、
すぐに24度をキープできた。』 『このままだと暑くなりそうなので、暖房を切って寝てみたけど、朝見てみたら
22度だった。』と非常に満足した表情で『冬が楽しみです。』と話してくださいました。


街中で新築が無理な方、住み心地のよさをあきらめていられる方がいらっしゃいましたら、いつでもご相談下さい。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ