いい家づくり真剣勝負

  1. ホーム
  2. いい家づくり真剣勝負
  3. 太陽光発電装置(ソーラーシステム)

2009年06月

太陽光発電装置(ソーラーシステム)

京都もついに梅雨入りしました。

これから、蒸し暑い日が続くのかとおもうと、うんざりします。

傳來工房の家の中だけは別世界ですが。

最近、太陽光発電装置(ソーラーシステム)の話題が頻繁に出るようになってきました。

地球温暖化対策の切り札として期待されているからでしょう。

住宅にも、補助金の増額、売電価格の値上げ、ソーラーシステム自体の高性能化などで、

一気に拡大していきそうです。

大手ハウスメーカーなどは0エネルギー住宅などうたっていますが、気をつけないとそこには、意外な

落とし穴があります。

一般的なソーラーシステムは、3KW前後です。

よく見ると、使用されているのは5.5KWだったりします。

容量が大きくなると、相当な屋根面積がないと装着できません。

一般的な建坪30~40坪ぐらいの家ではつけることはできません。

また、費用もだいぶ高くなるので耐用年数を上回る償却期間となってしまいます。

また、電気の使用方法も通常の住宅と同じで、夜はエアコンを消すようになっています。

それでは、夏の夜は暑いし、冬の夜は寒いことになります。

傳來工房の家のような、本当の本物の超高性能住宅であれば、一年中快適な生活が光熱費0円で

実現できます。

また、3.5KWの太陽光発電装置(ソーラーシステム)ですむため、償却も現状でも10年以内で

済みます。

太陽光発電装置(ソーラーシステム)をご計画の方は、充分注意を払ってください。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ