いい家づくり真剣勝負

  1. ホーム
  2. いい家づくり真剣勝負
  3. 感動のウエルカムパーティー

2009年10月

感動のウエルカムパーティー

2X4、外断熱でダントツの住みごこちを実現した、京都の工務店の橋本です。

今、フィリピン工場に出張できています。

今回は、フィリピン工場開設以来、初めて本社会長(実父)を同行しました。

今まで、何回か誘ったのですがフィリピン進出を反対していたためか、来にくかったのでしょう。

今回の誘いには、なぜか素直にのってくれました。

フィリピン人スタッフには、会長が行くことを事前に伝え大歓迎するように指示しました。

目標は、会長の感動の涙と設定しました。

10数人は、日本研修で会長宅で食事をしたりして面識があり、全員張り切って準備をしてくれたようです。

車で到着すると、正門に会長の顔写真入の大きな歓迎横断幕が貼られてました。

門を入ると全社員100人ほどが整列して大拍手で会長を迎えてくれました。

フィリピン傳來1 フィリピン傳來2

会長を見ると、サングラスをしていて良くわかりませんでしたが、感動して感涙しているようにも見えました。

フィリピン傳來3 フィリピン傳來4

車椅子、ステッキも用意されていて、全員が会長のお世話を率先してしてくれました。
しばらく休憩した後、スタッフが数人掛かりで、会長の車椅子を押しながら工場見学に連れて行ってくれました。

フィリピン傳來5 フィリピン傳來6

想像していた以上の規模と、環境整備に大変感動した様子でした。
今まであまりほめられたことはなかったですが、今回は素直に「立派な会社でびっくりした。」といってくれました。

フィリピン傳來7 フィリピン傳來8

10年間全員で力を合わせて頑張って来た甲斐がありました。夕方から、社員全員でウエルカムパーティーを
開催してくれました。

フィリピン傳來9 フィリピン傳來10

フィリピン人得意の、おきまりの歌の披露や女装も飛び出しました。今回特別に創ったという会長の歓迎の歌も
披露されました。

フィリピン傳來11 フィリピン傳來12

会長もそれに答えるべく、車椅子から立ち上がり得意の、鉢巻を締めて舟をこぐ振り付けをしながら、

船乗りの歌を披露してくれました。

会長の体調の加減で、1時間あまりで終了となりましたが、会長も大変喜んでくれた様子でした。

3泊4日の短いフィリピン訪問でしたが、最後に「来てよかった。」といってくれたのには思わずジーンときました。
感謝。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ