いい家づくり真剣勝負

2010年02月

朝青龍

長期優良住宅認定住宅の、京都の工務店の橋本です。

朝青龍が、ついに引退しました。

今まで散々悪行の限りを尽くしてきましたが、観客増員を見込めるため厳しい処分が出来ずに今日に至りました。

私は学生時代相撲をしていたので、少し専門的な見方になりますが

力士としては、すごい素質と実力を持っていることは認めざるを得ません。

特に素晴らしいのは、プレッシャーを力に変える精神力とスピードです。

それと相当に頭もいいはずです。

勉強ができると言うのでなくて、相撲頭がいいと思います。

テレビでコメンティターが、人気があるので辞めさすのは惜しいと言って

いました。しかしこれは、人気と言うより悪役が負けるのを期待して注目している

といったほうがあたっているのではないでしょうか。

相撲関係者に知り合いが何人かいるので知っていますが、普段から騒がれていないだけで、知られれば

相当問題になるような悪行は数え切れないほどあるとのことです。

朝青龍本人が悪いのはもちろんですが、なにより親方の高砂親方がもっと責められて良いのでないかと

思います。

若いときや問題を起こした時にもっと厳しく指導をすべきだったことです。はっきり言って親方失格です。

朝青龍を恐れて、むしろ逃げていたように思えます。

今となってはもう、すべて手遅れですが相撲の面白さが何割か減ったことは確かでしょう。

ひそかに期待しているのは、総合格闘技に行きボコボコに殴られて半泣きになっている朝青龍を見ることです。

逆に相手を負かせばそれはそれで、相撲ファンとしては相撲の強さを証明でき嬉しい気持ちです。

どちらにせよ、まだ29歳。謙虚に反省し出直してほしいものです。

謙虚な朝青龍など値打ちがないかもしれませんね。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ