いい家づくり真剣勝負

2011年04月

光熱費

東日本大震災からの一日も早い復旧、復興をこころよりお祈りいたします。

傳來工房の家に引っ越してから3ヶ月半がたちました。

今年の冬は、雪も多く寒い日が続きました。

傳來工房の家では、一冬中寒い思いをまったくせず、快適に過ごせました。

『雪の降る京都の寒い夜、Tシャツ1枚、半ズボン、裸足でフローリングの部屋で快適に過ごせます。』

この傳來工房のキャッチフレーズを実際体感しました。

家中快適な同じ温度なので、冬の朝起きるのが苦手な嫁さんも、躊躇無く雪の朝も起きられるようになりました。

しかも、光熱費(オール電化)がひと月、1万円足らずでした。

ただし、太陽光発電装置をつけています。6千円~8千円ぐらい売電料金が入ってきます。

以前の家では、暖房をつけていても寒い思いをし、暖房をつけていない部屋では大変寒い思いをしていたのとは、

大きな違いです。光熱費(電気、ガス代)もひと月、4万円ぐらいは払っていました。

今と同じように、すべての部屋を快適な同じ温度にしようと思うと、おそらくひと月20万円ぐらい

かかったのではないでしょうか。

日本では、これから原子力発電が制限されてくるでしょう。

今後益々、少ない電力で快適に住める、傳來工房のような家と太陽光発電の必要性が

高まってくるのではないでしょうか。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ