いい家づくり真剣勝負

2011年07月

原発問題

長期優良住宅認定の京都の工務店の橋本です。

暑い日が続きます。如何お過ごしですか。

昨日ゴルフに行きましたが、かなり暑かったです。

6月出張のついでに、フィリピンでゴルフをしましたが、フィリピンのほうがましなぐらいでした。

ただでさえ暑い日が続くのに、節電がうるさく言われています。

傳來工房でも、もちろん協力はしていますが汗かきの私には厳しい日が続きます。

最近原発の運転を止める方向での議論が始まっています。

現在休止中の原発の運転再開も、難しい様子です。

原発は13ヶ月に一度運転を止めての、定期点検が義務付けられています。

再開が認められないと、約1年後原発はすべて休止中になると言うことです。

現在、電力の30%を原発に頼っている現実があります。

15%の節電でも大騒ぎしているのに今それを止めてしまったら、大変大きな影響が出てきます。

国民の日常生活も経済的ダメージも大きなものが予想されます。

人間が自由にコントロールできない原発は、将来的にはなくすにしても、20年ぐらいの時間をかけて

代替エネルギーの普及や、傳來工房の家のような省エネの家の割合を増やすなどの施策と

平行して削減していくべきでないでしょうか。

お母ちゃんは原発即時停止を言い、お父ちゃんは電力不足の影響で工場が海外移転してしまい、

失業してしまった。

こんなことにならないように慎重に進めるべきでしょう。

どこかの総理大臣は、現実をしっかり見もせず、延命のための人気取りだけを考えているようです。

困ったものです。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ