いい家づくり真剣勝負

2012年08月

オスカー賞

長期優良住宅認定の京都の工務店の橋本です。

今日の京都新聞を見て、お知りになった方もいらっしゃると思いますが、

京都高度技術研究所が主催しているオスカー賞に、傳來工房が認定されました。

120823-01.jpg


元気な中小企業をもっと元気に!
 優れた事業計画(パワーアッププラン)により積極的に経営革新に取り組む中小企業を「オスカー認定」し、計画の実現に向けた継続的な支援を実施することで、京都経済の中核を担う中小企業を育成します。
企業価値創出(バリュークリエーション)支援制度では、元気な中小企業の経営革新計画や企業価値向上計画を募集し、2002(平成14)年から2008(平成20)年度までに、100社を「オスカー認定」しました。
2010(平成22)年度から、ASTEMと財団法人京都市中小企業支援センターとの立地統合を経て、京都市産業技術研究所(知恵産業融合センター)や京都商工会議所等との連携強化などさらに充実を図り再開しました。
.※オスカー認定
認定を受けること自体がアカデミー賞を受賞するぐらいの名誉となることを目指して命名。
後輩企業への指導的役割も期待されています。

新商品の開発や経営管理の効率化、積極的な販路拡大等を通じて経営革新を図るための事業計画(パワーアッププラン)を随時募集しています。

応募資格
京都市内に事業所等があり、創業または会社設立から10年以上経過している中小企業(※一部対象外業種があります。詳しくはお問合せください。)

募集内容
新商品の開発、新たな生産・販売方式や経営管理方法の導入などを通じて、経営革新を図るための事業計画(パワーアッププラン)

審査日程
オスカー認定に係る最終審査は年2回(9月、3月(予定))行いますので、それぞれの審査に係る応募期限は、4月下旬、10月下旬を予定しています。
第5回 審査日程(予定)
応募締切 : 2012(平成24)年10月31日(水)17:00必着
一次審査 : 2012(平成24)年12月
訪問調査 : 2013(平成25)年1月
最終審査 : 2013(平成25)年2月下旬~3月

●一次審査...応募書類による審査を行います。
●訪問調査...一次審査を通過した企業に対して、貴社の現況や今回の計画内容等について詳しいお話を伺います。
●最終審査...学識経験者、企業経営者等で構成される「オスカー認定審査委員会」で、プレゼンテーションによる審査を行います。
※最終審査は、学識経験者、企業経営者等で構成される「オスカー認定審査委員会」において、一次審査を通過した企業からのプレゼンテーションにより審査します。
※募集時期、審査時期は予定ですので、変更になる可能性があります。

応募方法
 以下の書類をご提出ください(公募要領 に記入要領を掲載しています)。

・事業計画(パワーアッププラン)評価申請書[申請書・サマリーシート](Word:113KB)
・事業計画(パワーアッププラン)財務計画表(Excel:48KB)
・決算書概要シート(Excel:30KB)
・法人:決算書・付属明細3期分 /個人:確定申告書3年分
・会社概要や製品(商品)カタログ等パンフレット
・その他、会社の活動内容又は事業がわかる資料

審査の視点・認定
 一次審査(書面審査)及び二次審査(「オスカー認定審査委員会」におけるプレゼンテーション審査)の2段階の審査を行います。
 事業計画について、独自性・優位性・市場性・実現性・課題把握・改善計画・経営理念・経営状況などの視点から審査を行い、経営革新による企業価値の創出・向上が図られ、持続的に成長が期待できる可能性が高いと認められるものについて、「オスカー認定審査委員会」がオスカー認定を行います。

(オスカー認定審査委員会 審査委員) ※敬称略、50音順

氏名 主な役職
木村 良晴 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科教授
京都市産業技術研究所 知恵産業融合センター長
小谷 眞由美 株式会社ユーシン精機 代表取締役社長
佐藤 研司 龍谷大学 副学長 常務理事 経営学部教授
髙木 壽一 財団法人京都高度技術研究所 名誉顧問
西口 泰夫 同志社大学 技術・企業・国際競争力研究センター シニアフェロー
京セラ株式会社 元代表取締役社長
西本 清一 財団法人京都高度技術研究所 理事長
京都市産業技術研究所 所長
京都大学 名誉教授
長谷川 亘 京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学 統括理事長
京都情報大学院大学 教授
一般社団法人京都府情報産業協会 会長
一般社団法人全国地域情報産業団体連合会 副会長
山脇 康彦 一般社団法人京都府中小企業診断協会 会長
吉田 忠嗣 吉忠株式会社 代表取締役社長

オスカー認定企業に対する支援
フォローアップ支援
ASTEMのコーディネータ等が、計画実現に向けた適切なアドバイスや経営力向上のための企業紹介(マッチング)、情報提供等を行います。また、各大学や産業支援機関等とも連携を図り、総合的に支援します。
専門家の派遣による支援
専門的な知識が必要な場合、弁護士や中小企業診断士、税理士等の適切な専門家を無料で派遣し、診断やアドバイスを行います(※派遣回数には上限があります)。
調査・研究開発支援
ASTEMが実施する新市場や事業展開の可能性調査、研究開発の助成制度が利用できます(※別途審査があります)。
企業PR
ASTEMのホームページや情報誌への掲載等により、企業の広報活動を応援します。
京都市が実施する支援策(拠点立地支援)
・事業の拡大に伴い、京都市内で事業所を新増設する場合、京都市から補助金が交付されます(「京都市ベンチャー企業育成支援補助金」により、事業所の新増設に伴い取得した固定資産(土地を除く)に係る固定資産税及び都市計画税相当額の2年分等を補助します)。
・(独)中小企業基盤整備機構が運営する京都市内の公的インキュベート施設(京大桂ベンチャープラザ(北館・南館)、クリエイション・コア京都御車)への入居に対し、賃料補助の優遇があります。
京都市中小企業融資制度の活用
オスカー認定企業を対象とする「きらめき企業支援融資」をはじめ、各種融資制度が活用できます(※別途金融機関等の審査があります)。
京都オスカークラブへの入会
オスカー認定企業で構成される京都オスカークラブに加入していただくことで、異業種交流の機会を提供します(※費用負担有)。
● 支援内容は、予算の都合他により変更となる場合があります。
● オスカー認定に至らなかった企業に対しても、計画の構築・実現に向けてアドバイスします。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ