いい家づくり真剣勝負

2014年05月

朱面

長期優良住宅認定の京都の工務店の橋本です。
先日、傳來工房の正面入り口からよく見える位置に、ある彫刻が設置されました。

もうお亡くなりになられましたが、京都で活躍された彫刻家、清水九兵衛先生(陶芸家としては、
七代目清水六兵衛)の作品『朱面』です。30年以上前に傳來工房で鋳作させていただきました。


当時、祇園石段下の新築ビルに京都クラフトセンターが清水坂から移転しました。
その建物は、東京大学教授、槇文彦先生が設計されました。
そのエントランスに設置されたのが、清水先生の作品『朱面』でした。


当時、傳來工房の社長であった橋本奈良二が、クラフトセンターの副理事長を務めていました。
朝からビールを飲み、常に赤い顔をしていたので、自らこの彫刻は俺がモデルだと言っていました。


それから30年以上が過ぎ、京都クラフトセンターも解散し、ビルの持ち主も変わり商業ビルとなっていました。
『朱面』も取り外され、2回のテラスに放置されていました。


最近、私の知人が新しいビルのオーナーになりました。その方も昔、クラフトセンターの会員であったため、
橋本奈良二の言葉を思い出し、引取りの打診がありました。
私も、この言葉を覚えていましたので、快く好意を受け取らせていただきました。
それを当時の姿に修復し、傳來工房に設置したわけです。

除幕式も行い、社員にその因縁とこれは、先代社長の胸像だと説明しました。
感慨ひとしおでした。
朱面1.jpg 朱面2.jpg

朱面3.jpg

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
今日も現場が俺を呼ぶ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ