いい家づくり真剣勝負

2016年03月

学生祭典

まさに三寒四温

また、冬に逆戻りしたような、天気です。

如何お過ごしでしょうか?

京都学生祭典と言うのをご存知でしょうか?

2003年秋より岡崎界隈で、毎年開催されています。

ご存知のように、京都は学生の街と呼ばれています。

46の大学があり、京都市の人口の1割近く14万人の学生が京都にいます。

人口100人当たり5.29人は東京を抜いて全国トップだそうです。

そういった環境の下、学生プロデュースの祭りとして存続しています。

勿論、京都府、京都市、経済界もバックアップしています。

その学生祭典実行委員会から、リーダーシップの身のつけ方というテーマで講演を

依頼されました。

最初は、以前大学で講義を頼まれて、何回か講義をしたことがあるのですが、

受講姿勢が不真面目な学生が多かったため、いやな思いを持った経験があり、

引き受けることに消極的だったのですが、どうしてもということであったのでお引き受けしました。

京都駅前の京都キャンパスプラザで約40名の実行委員たちが、

熱心に受講してくれました。

京大、立命、同志社、京都女子大などいろいろな大学の学生が集まっていましたが、

さすが実行委員達、学ぶ姿勢が一般学生とは違いました。

以下は、その時に配布したレジュメですが、多少なりとも役に立って、

学生祭典の運営を通じて、リーダーシップを身につけ、

将来京都や日本を背負うリーダーに成長してくれることを切に願います。

リーダーシップを身につけるために
2016年 3月2日
株式会社傳來工房
代表取締役社長 橋本和良

1、生まれながら持っている人がいる  ガキ大将

2、リーダーシップとは
  集団の中で個人の自発性と能力を生かし、人々の協力を得ながら集団の目的を
達成していく積極的な機能

3、やって見せ、言って聞かせて、させて見せ、ほめてやらねば、人は動かじ

4、覚悟する。逃げない。 ①先頭に立つ ②責任を取る

5、リーダーとティーチャーの違い

6、指揮官先頭、率先垂範

7、正しい考え方を持つ
  人生・仕事の結果=考え方X熱意X能力 -100~+100、0~100

8、ビジョンを熱く語る。語り続ける。諦めない。出来ると自分自身確信する。

9、独裁すれど独断せず。衆知を集めて決断する。
  多数決は責任逃れ

10、自分の体験 ①相撲部創部 ②環境整備活動 ③青年政策研究部会初代会長
         ④京都党応援団立ち上げ ⑤フィリピン工場立ち上げ

11、まとめ
   目的→目標→マイルストーン→PDCA
   覚悟を決める。率先垂範。衆知を集めて決断する。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
今日も現場が俺を呼ぶ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ