いい家づくり真剣勝負

  1. ホーム
  2. いい家づくり真剣勝負
  3. 「不可能」と「難しい」の違い

2018年08月

「不可能」と「難しい」の違い

8月も終わりというのに、相変わらずの酷暑が続きます。

如何お過ごしでしょうか?

企業は環境適応業、

伝統は革新の連続である

などなどの言葉通り環境変化に応じて会社を作り替えてきました。

今存在出来るのはそのお陰です。

しかし、言うが易し行うが難しで簡単なものではありません。

変革に踏み切れていない人を見ると、共通点があるように思います。

「不可能」と「難しい」を自分に都合よく混同しているように思います。

「不可能」と「難しい」については勿論、言葉が違いますし、意味も異なります。

不可能は可能の反対ですし、難しいは易しいの反対語です。

可能と易しいを混同したり、間違って使う人はまず、いないと思います。

しかし、不可能と難しいは意識せずに

ごちゃごちゃにして使っている場合が多いように感じます。

〈不可能〉は文字通り、いくら努力しても実現できない事柄です。

〈難しい〉はできない理由を解決していけば実現できる事柄です。

仕事上での起きうる事柄で、不可能なことと言うのは滅多にあるものではありません。

やりたくない仕事、面倒な仕事、困難な仕事、骨の折れる仕事、

これらは難しい仕事かもしれませんが、不可能な仕事ではありません。

しかし、それらの仕事に直面した時、

解決策を考える前に、出来ない理由を並べ立て、

意識の中で、単なる難しい仕事を不可能な仕事に

置き換えてしまっている場合が多いのではないでしょうか。

反面、不可能と思えることを可能にしてしまう人もいます。

そういった人たちは自分に限界を作らず

果敢に新しいことにチャレンジする人たちです。

65歳の今、改めてチャレンジ精神を思い起こしたいと思います。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
今日も現場が俺を呼ぶ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ