-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家ってどんな家なの?


  1. ホーム
  2. 健康住宅
  3. ヒートショック対策

ヒートショック対策-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

ヒートショックは車が行きかう道路を歩くよりも2.4倍も危険!-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

ヒートショックとは?-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

ヒートショックとは、暖かい場所から寒い場所へ移動するときに体が受ける急激な温度変化のことをいいます。それによって血圧が急変動することで心臓に想像以上の負担がかかってしまい、特に高齢者や高血圧の人などは心筋梗塞や脳疾患などが起こりやすい状態になります。非常に危険なことです。

家庭内でヒートショックにより亡くなる方がどれだけいるかご存知ですか?東京ガス都市生活研究所の推計によると、全国で毎年14,000人だそうです。平成19年度、交通事故死者数は全国で5,743人です。ということは‥‥

車が行きかう道路を歩くよりも、家の中でお風呂に入ったり、トイレに行ったりする方が2.4倍も危険

だと言うことです。

ヒートショック死はなんと言っても家の中の温度差が原因

ヒートショックによる死亡者が多いのは日本特有の現象です。
これは、日本人が浴槽につかる入浴法を好んでいること、そして浴室の室温が低いことが大きな原因です。

ヒートショック死はなんと言っても家の中の温度差が原因-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

ヒートショックによる死亡者が多いのは日本特有の現象です。右のグラフで、日本が海外と比較して浴室での死亡者数が多いことが分かります。
これは、日本人が浴槽につかる入浴法を好んでいること、そして、浴室の室温が低いことが大きな原因です。

冬の入浴が危険大!?お風呂で多いヒートショック死-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

浴室の温度差の危険性が覗えるデータとして、国民生活センターのヒートショック死者数の月別推移を見ると、左下のグラフのように冬に多くなっていることが分かります。

さらに、夏と冬の入浴条件の違いをグラフにしたものから、冬になるほど浴室の気温とお湯の温度差が大きいことが分かり、ヒートショックの大きな要因であることが推測できます。

しかし、そんなヒートショックも【傳來工房の家】では問題なし!家中の温度を均一に保てる高断熱高気密住宅であればヒートショックの心配はありません!

-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家 -京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

ヒートショックの心配不要!冬なのに浴室・脱衣室が暖かい!-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

右のグラフは、真冬に「傳來工房の家」の浴室・脱衣室の温度推移です。朝方、外気温度は氷点下まで下りましたが、浴室・脱衣室は常に22℃前後で安定しています。

これならご高齢者もヒートショックの心配がなく、安心してお風呂に入れます。北海道の次世代省エネルギー基準をクリアーできる高断熱高気密性能だからこそ成し得ることができるのです。
傳來工房の家であれば、もう「家の中でお風呂に入ったりトイレに行く方が、車の行きかう道路を歩くより危険?」なんて事は心配せずに安心してくらせます。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ