-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家ってどんな家なの?


  1. ホーム
  2. 健康住宅
  3. カビ・ダニ・湿度対策

カビ・ダニ・湿度対策-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

ダニ・カビを抑えるためには湿度60%以下!-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

湿度によるダニへの影響-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

右の写真のダニは、アレルギーの一因となるヤケヒョウヒダニです。ダニは口から水分補給を行うのではなく、身体の表面から水分を吸収します。

ヤケヒョウヒダニは低湿度に比較的強いダニですが、55%以下の湿度では写真のように干からびて10数日以内には死滅してしまいます。

湿度によるカビへの影響-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

右の写真は平均湿度57.6%の室内に置いた食パンと、平均湿度79.2%の室内に置いた食パンを比べたものです。

湿度約80%の室内では4日後にカビが生えはじめ、1週間後には写真のような状態になりました。一方、湿度約58%の室内では食パンにカビは生じませんでした。

カビやダニの繁殖を抑えるためには、室内を常に湿度60%以下に保つことが理想です。

高断熱高気密住宅は一年中湿度が低い-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

冬の時期、一般的な住宅の場合「暖房している部屋」と「暖房していない部屋」の間に温度差が生じます。温度差が生じると結露が生じます。

皆さんも覚えがあることでしょう。暖房しているリビングよりも、暖房していない北側の部屋の窓の方が結露がひどいのではないですか?

そして、その結露がカビやダニの繁殖原因になります。結露を解消するためには家の中に温度差を作らないことです。つまり、一切暖房をしないか、あるいは家中を暖房するかのどちらかです。

高断熱高気密住宅であれば、少ないエネルギーで家中を暖房することができます。つまり、高断熱高気密住宅は結露が生じず、カビやダニの繁殖を抑えるのです。

夏でも高断熱高気密住宅は家中が低湿度!-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

従来の住宅の場合、湿気が浸入してくる隙間がたくさんあります。そのため、エアコンでいくら除湿しても湿度を70%以下にするのは大変です。仮にエアコンを運転しているリビングは湿度がある程度下がっても、それ以外のところは外の高い湿度と同じです。

高断熱高気密住宅であれば、外から湿気が浸入する隙間が非常に少ないので、エアコンをかければ家中の湿度がドンドン下り60%以下の湿度を保てます。

高断熱高気密住宅はホコリが少ない-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

法律で換気システムの設置が義務化されていますが、隙間の多い一般的住宅では隙間から外気が流入してしまう為上手く換気されません。

高断熱高気密住宅【傳來工房の家】は、隙間が少ないので計画通りに効率よく家中が換気されます。そのためにいつも空気が新鮮で、しかもホコリが少なく掃除が楽です。

シックハウスに対する正しい考え方-京都の住宅会社-工務店-傳來工房の家

このページでご説明してきた通り、高断熱高気密住宅はカビやダニの繁殖を抑え、ハウスダストが少なくなります。シックハウス対策としてまず第一に考慮すべきは高断熱高気密です。

高断熱高気密にした上で、内装材などをどれだけ自然素材にするのかを検討することがシックハウス対策を考える上での正しい順序です。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ