傳來工房の家の性能


  1. ホーム
  2. 家の性能
  3. 高気密・高断熱
地震に強い

傳來工房の家は高気密・高断熱住宅です。
高気密・高断熱住宅は、「省エネルギー」「健康的」「年中快適」などメリットがたくさんあるのです。

傳來工房の家の高気密・高断熱性能
住まいも住む人も健康でいるために、高気密高断熱は欠かせないと考えています。
傳來工房の家は、最高の住み心地を追求した住まいです。

建物自体が暖まりにくい鉄筋コンクリート構造や、熱伝導率が高く、外気温の影響を家の内部に伝えやすい鉄骨構造では、本当に住み心地の良い住宅はできません。

木造の木の温もりがなければ、住み心地の良い住まいとは言えないのです。傳來工房の家は、日本で馴染みの深い木造軸組み在来工法よりも耐震性が高い「2x4(ツーバイフォー)工法」を専門に、住み心地の良い家づくりをご提案しています。

しかし、せっかく木の温もりがある家を建てても、断熱性能が低いと外気温の影響を受けやすく、快適な室温を維持できなくなります。

また、気密性能が低いと、家に小さな隙間ができてしまい、快適な室温を逃がすだけでなく、計画的な換気ができなくなってしまいます。計画換気ができないと、結露やカビ、ダニ、腐朽菌の発生原因になります。

傳來工房の家は、長い間、住まいも住む人も健康でいるためには、高断熱高気密が欠かせないと考えます。
高気密高断熱住宅グラフ
※Q値とは住まい全体から逃げる熱量を延床面積で割った、断熱性能を表す数値。数値が小さいほど高性能住宅といえます。 ※C値とは建物にどの程度すき間があるかを示す指標。数値が小さいほど、気密性が高いことを示します。 ※数値は建物により変動します。

外張り断熱工法
傳來工房の家は外張り断熱工法にこだわるから、断熱性・気密性が優れているのです。
傳來工房の家の壁断熱は、構造躯体の外側に高性能フェノールフォーム断熱材を施工する外断熱工法です。
断熱が切れ目なく、壁全体が暖かい。
断熱材が柱・梁の外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・気密性が実現できます。
魔法瓶のような住まい。
外張り断熱では柱の外側で断熱するので、躯体が断熱材ですっぽり包まれます。そのため、魔法瓶のように保温・保冷の役割を果たします。
耐久性の向上を。
外部から取り入れた空気を自然循環させる外壁通気工法を採用しています。木材を常に乾燥状態にすることによって、耐久性を向上させます。して、夏・冬を通して壁体内も室内と近い環境になり、室内との温度差が少なくなります。そのため、壁体内の結露の可能性も少なくなります。
気密施工もしっかりできます。
ボード状の断熱材を柱の外側から張り、継ぎ目に気密テープを貼るだけで気密施工が完了します。だから、隙間が空いて湿気が壁体内に侵入する可能性も軽減できます。
ベタ基礎画像
構造躯体の外側に断熱材を施工するので、断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性気密性が実現できます。
ベタ基礎画像
断熱材を隅々まで充填できないので、断熱材の入っていない部分が、外気の影響を受けて冷えてしまいます。

屋根断熱・基礎断熱
傳來工房の家は天井部分と床下に発泡ウレタン断熱材を吹き付けます。
屋根断熱で、夏を快適に過ごせます。
夏に屋根が受ける熱は、なんと石油ストーブ約25台分です。夏場は屋根裏が天然の暖房になっているのです。これでは、どれだけ冷房しても安定して室温を低く保つことができません。

傳來工房の家はムダな熱を室内に寄せ付けないために、天井部分に発泡ウレタン断熱材を施工します。

屋根をしっかり断熱することで、夏場の冷房費が大幅に抑えることができ、省エネにも貢献します。
ベタ基礎画像

基礎断熱で、耐久性が向上します。
傳來工房の家は、ベタ基礎の内側に断熱材を貼る「基礎断熱」を標準採用しています。

ベタ基礎と基礎断熱を採用し、24時間計画換気システムで床下の空気も換気するので、床下が室内空間と同じ環境になり、乾燥状態を保つことができます。

よくお客様から、「シロアリに断熱材を食べられるのでは?」と言われますが、そのシロアリが最も苦手とするのが「乾燥」です。 傳來工房の家では、床下の乾燥状態を保つことができるため、シロアリの食害を防ぎ、構造体の耐久性も向上します。

また、床下が室内環境に近くなることで、冬場、床の冷たさを和らげることができます。
ベタ基礎画像


株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地


社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ