傳來工房の家の性能


  1. ホーム
  2. 家の性能
  3. 地震に強い
地震に強い

傳來工房の家は、地震に強い2×4(ツーバイフォー)工法を採用。
もしものときにも頼りになる、家族みんなが安心して暮らせる耐震性を発揮します。

ツーバイフォー工法が地震に強い理由
ツーバイフォー工法は6面体構造なので、一般的な木造住宅より地震に強いです。
床、壁、屋根の6面が一体となった構造体を「モノコック構造」と呼びます。

モノコック構造は地震などの外から受ける力が構造の一カ所に集中せず、建物の面全体でしなやかに分散し、地盤に逃がすので、一般的な木造住宅(在来工法)よりも地震による揺れのダメージが少ないのが特徴です。 ツーバイフォー工法と在来工法の比較
モノコック構造の説明

ベタ基礎でさらに地震に強く
基礎のなかでも最も耐震性のあると言われている「ベタ基礎」傳來工房の家は床下からも住まいの安全を守ります。
傳來工房の家は、床一面のベースコンクリートと立ち上がりコンクリートが一体となった「ベタ基礎」を採用しています。
家の荷重を面で支える構造なので、不同沈下の心配をグッと減らすことができます。

また、基礎の弱点となる通気孔を設けないので基礎の強度が最大限に高まり、湿気や害虫の侵入もシャットアウト。大切な住まいの床下を守ります。

そして、床下内の空気は24時間計画換気システムで常に換気されているため、木材が常に乾燥状態にあり腐敗を防ぎます。
ベタ基礎画像

耐震等級3相当の家づくり
傳來工房の家は耐震等級3相当の安心の家づくりをお約束します。
耐震等級とはお施主様が耐震性を判断する目安で、3段階に分かれます。耐震等級1で震度6〜7程度の地震で倒壊しないと言われています。
耐震等級3は等級1の1.5倍なので、とても地震に強い家ということが分かります。

傳來工房の家で手がける物件の基準は、耐震等級3相当の家をご提供しています。


株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地


社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ