傳來工房の家の性能


  1. ホーム
  2. 家の性能
  3. 省エネルギー
省エネルギー

傳來工房の家は、高気密高断熱住宅のメリットである「省エネルギー」です。
地球にもお財布にもやさしい住まいを目指します。

エアコンにもやさしい高気密高断熱住宅
高気密高断熱住宅で、夏でも冬でも冷暖房費が安くなります。
傳來工房の家は魔法瓶のような構造で、家の中の心地よい温度が屋外に逃げないようになっています。
24時間計画換気システムの影響で温度が若干変化しますが、少し調整する程度で十分。一度室内が快適な温度になれば、エアコンの風量は風邪を感じない程度にすればOKです。

夏でも冬でもフルに稼働させる必要がありませんので、エアコンの故障も少なく長く使用することができます。
また24時間緩く付けっ放しにしても大丈夫。「電気代がものすごこくかかってしまうのでは!?」とつい心配になりますが、ご安心ください。
しっかりと丁寧に施工された高気密高断熱住宅は、エアコン効率が上がり、光熱費を抑えることができるのです。

傳來工房の家にお住まいのお客様から聞き取りした結果、オール電化で冬の電気代約1万8000円、厚の電気代1万4000円という実績があります。
傳來工房の家の夏の冷房費用
傳來工房の家の冬の暖房費用

傳來工房の家は冷暖房がよく効く家?!
熱の出入りが最も多いと言われている窓をしっかり断熱し。エアコン効率を上げます。
冬の暖房時、約半分は窓やドアの開口部から熱が逃げていきます。
また夏の冷房時、7割以上が窓やドアの開口部から入ってくる熱です。

冷暖房のムダを省くには窓対策が必要です。
複層ガラスで夏も冬も快適に。
傳來工房の家は2枚のガラスの間に空気層を持たせた複層ガラスを採用しています。夏は室内に入る熱線を50%以上カット。
冬は室内熱を外へ逃がさないので、冷暖房効率上がり、省エネに貢献してくれます。

空気層は最も厚みのある12mmを採用しているので、さらに断熱性能を高めてくれるのです。
また、部屋と窓の温度差が小さくなるので、結露の発生を抑えることが出来ます。
複合サッシで断熱性能を向上
室内側に熱伝導率の低い樹脂形材、室外側には耐候性・耐久性に優れたアルミ形材を使った複合サッシを採用。

異なる2つの素材を生かし、一体化させた複合構造により、高い断熱性を発揮します。省エネルギー化はもちろん、結露も防ぎます。
複層ガラス

次世代状エネルギー基準に適合した家づくり
傳來工房の家は高気密高断熱住宅なので、冷暖房効果が高い住まいです。次世代省エネルギー基準に適合した住まいをご提供します。
次世代省エネルギー基準とは、断熱や気密、冷暖房に関する基準を定めたものです。
その基準には断熱性や気密性の目安が基準値として示されるのです。

傳來工房の家は外張り断熱工法の高気密高断熱住宅なので、次世代省エネルギー基準に適合した住まいが可能です。

断熱性と気密性を高め、光熱費を下げた次世代省エネルギー住宅は、「快適性」「健康住宅」「省エネルギー」「耐久性」を可能にしたハイクオリティな住まいなのです。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地


社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ