傳來工房の家の性能


  1. ホーム
  2. 家の性能
  3. 火災にも耐える
地震に強い

傳來工房の家はツーバイフォー(2×4)工法を採用しているので、一般的な木造住宅や、鉄筋構造よりも耐火性に優れています。 また、火災保険も、一般的な木造住宅よりもとてもお安くなるのです。

ツーバイフォー(2×4)工法が火災に耐える理由
ファイヤーストップ材が、炎の通り道をフタして、火災が家全体に広がるのを防ぎます。
ツーバイフォー(2×4)工法は壁構造という特性上、建物の密閉性が高いため、火災が発生しても炎が室外に出にくいため、圧倒的に安全性が高い工法なのです。

また、ツーバイフォー(2×4)工法にはファイヤーストップ材がありそのファイヤーストップ材が防火シャッターの役割を果たします。炎の通り道にフタをして、火が家全体に広がるのをストップ。
火の回りが遅くなれば、建物と倒壊も遅らせることができます。 在来工法とツーバイフォー(2×4)工法の違い
ファイヤースップ材とツーバイフォー(2×4)工法の断面図

傳來工房の家は火災保険料が安くなる?!
耐火性に優れている傳來工房の家は、火災保険料が一般的な木造住宅よりも安くなります。
耐火性に優れたツーバイフォー(2×4)工法は火災保険料がとても安くなります。

在来工法と比較すると、なんと約50%OFFに(2011年5月時点)この結果が、ツーバイフォー(2×4)工法が高い評価を得ていることを実証しています。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地


社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ