傳來工房の家はどんな家なの?


  1. ホーム
  2. どんな家なの?

傳來工房の家の家づくりコンセプト

日本の住まいは消耗品!傳來工房の家

住宅の代替り周期 国別比較
 (財)日本建築学会より

国別比較の資産としての家。傳來工房の家

欧米では何世代にもわたって家が住み継がれ、住み手が外壁を塗り直したり、屋根を修理したり、家を大切にして暮らしています。それに対して日本では、古いものに価値はないとばかりにためらいなく解体し、すぐに建て替えてしまうのです。

今までの家は、築20年もすればほとんど無価値になってしまうのが現状です。何千万円もかけて建てた家は、多くの人にとって生涯をかけた買い物です。しかしこのような状況で、果たして家を「資産」と呼べるのでしょうか。

また、地球環境からの面でも大きな問題があります。家を解体することで大量の廃材が出ます。ある試算によると、「200年住宅」1棟につき、1世帯が排出する家庭ごみ33年分の廃材が削減されるそうです。
更に、住宅の建築には大量の二酸化炭素を排出しますが、こちらも「200年住宅」1棟につき、自家用車が排出する22年分の二酸化炭素を削減できます。 長寿命の家は、住む人にも地球にも優しい家なのです。

傳來工房は、『200年住み続けられる家づくり』をします。

ところで、どうしたら200年住み続けられる家づくりができるのでしょうか?

200年住み続けられる家づくり傳來工房の家

200年住み続けられる家づくりのためには、耐久性・耐震性は必須条件です。ただし、どんなに丈夫な家であっても、何もせずに200年は持ちません。必要なメンテナンスを行うことで、それが可能になるのです。
しかし、200年住み続けるためには、耐久性・耐震性とメンテナンスだけではまだ充分ではありません。

下のグラフは、家の建て替え理由のベスト10です。

建替え理由
 (株)住環境研究所より

項目別比較傳來工房の家

上のグラフの中で、耐久性・耐震性に関係した理由はBとFだけです。それ以外の理由は、デザインや間取り、住みごこち、健康、コストに関することです。これらがすべての条件が揃ってこそ、「200年住み続けられる家」になるのです。

傳來工房は、「200年住み続けられる家」を作るために、6つのことを大切にしています。

高耐久・高耐震
耐久性と耐震性に優れるツーバイフォー工法。人に優しく、環境にも優しい住まいを実現します。
ダントツの住みごこち
驚異の高断熱高気密で、北海道の次世代省エネルギー基準をクリア。最高の住みごこちを実現した健康住宅です。
コストパフォーマンス
超高断熱高気密の家がハウスメーカーと同等の仕様で、2割安い住まいを実現しました。
日本一のアフターサービス
他社には絶対に真似のできない、万全のアフターサービスをご提供します。
健康住宅が基本
ヒートショックの心配がなく、ご高齢者も安心。シックハウスが原因のアレルギーにも安心の住まい。

まだ、高断熱高気密という言葉が世の中に普及していなかった頃から、傳来工房は外張り断熱工法を手掛け、ひたむきに「住み心地の良い住まいづくり」に取り組んできました。傳来工房は、高断熱高気密住宅のパイオニアです。

株式会社傳來工房(でんらいこうぼう)

〒601-8317
京都市南区吉祥院新田弐ノ段町45番地

社長の想い
コンセプト
会社概要
スタッフ紹介
よくある質問
家づくりの流れ
メディア掲載
書籍紹介
社長ブログ
傳來工房ホームページ
ディーズガーデンホームページ